モーショングラフのスプライシングによるアニメーション生成(セッション5:アニメーションとゲーム,生活に役立つCGおよびCG一般)

元データ 2007-11-12

概要

モーショングラフのスプライシングによりアニメーションを生成する手法を提案する.本手法では,骨盤関節を中心として上半身のアクションと下半身の移動に分けてモーションを扱う.まず,アクション用と移動用のモーショングラフを構築する.そして,ユーザが描いたパスに従って下半身動作を生成し,その時の上半身にユーザが指定した上半身の類似部分を結合することでアクションを合成する.これにより,モーション数の削減を図りつつ,制御可能なアニメーションの生成を実現する.

著者

北村 喜文 大阪大学大学院情報科学研究科
岸野 文郎 大阪大学大学院情報科学研究科
北村 喜文 大阪大学大学院工学研究科電子情報エネルギー工学専攻
野村 克裕 大阪大学大学院情報科学研究科
北岡 仲也 大阪大学大学院情報科学研究科
岸野 文郎 大阪大学大学院 工学研究科
北村 喜文 大阪大学大学院 工学研究科

関連論文

▼もっと見る