仮想箸の使用における学習過程の解析

元データ 2001-06-11 社団法人映像情報メディア学会

概要

This paper discusses the effectiveness of the internal model theory using a technique of virtual tools. The novel tools in a virtual environment are developed based on a virtual chopsticks that matches a user's operational image. The processes while users learn how to use each tool are observed and investigated. The experimantal results show that the process of internal model acquistion were different from each ther by the users or variation of tasks.

著者

北村 喜文 大阪大学大学院情報科学研究科
岸野 文郎 大阪大学大学院情報科学研究科マルチメディア工学専攻
岸野 文郎 大阪大学大学院情報科学研究科
山口 喜久 大阪大学大学院工学研究科電子情報エネルギー工学専攻
北村 喜文 大阪大学大学院工学研究科電子情報エネルギー工学専攻
岸野 文郎 大阪大学大学院 工学研究科
北村 喜文 大阪大学大学院 工学研究科

関連論文

▼もっと見る