ブラーマン種♂×黒毛和種,日本短角種およびホルスタイン種♀F1去勢肥育牛体脂肪のトリアシルグリセロールについて

元データ 社団法人 日本畜産学会

概要

東北大学付属農場において交配,生産されたブラーマン種♂×黒毛和種,日本短角種およびホルスタイン種♀F1去勢肥育牛の体脂肪のトリアシルグリセロール(TG)の構成脂肪酸および分子量分布に関する特性を調べ,これらの特性に影響するブラーマン種の遺伝的な要因を解析した.その結果,TGの構成脂肪酸および分子量分布において,ブラーマン種の形質が遺伝的に導入されたと考えらる違いが見出された.構成脂肪酸では,ブラーマン種F1にはステアリン酸含量およびパルミチン酸含量がやや高く,オレイン酸の少ないことが認められた.TGの分子量分布については,ブラーマンF1にはC48およびC50TGの含量が高く,逆にC52およびC54TG含量が低い傾向にあった.

著者

須山 享三 東北大学農学部
足立 達 東北大学農学部
須山 享三 東北大学農学部応用生化
口田 圭吾 東北大学農学部
水間 豊 東北大学農学部
山路 厚雄 東北大学農学部

関連論文

▼もっと見る