事業の期待利益を最大化する初期投資額の借入形態

元データ 2006-10-15 一般社団法人情報処理学会

概要

本論文では,事業の期待利益を最大化する借入形態の決定モデルを提案する.本論文では,借入形態を,資金借入れ時に設定される,利率,返済方法の組合せと考え,利率の決定には事業の信用リスクを加味した,社債の利回り評価法を用い,2期の分割返済を想定する.さらに事業の保有資本金,銀行の要求金利についての制約を考慮することで,経営情報により有用なモデルの提案を行う.数値例では,各初期投資金額での事業の期待利益と借入形態を算出し,事業の資本金,銀行の要求金利が事業の期待利益,借入形態に与える影響についても分析を行う.

著者

宮崎 浩一 電気通信大学システム工学科
野村 哲史 電気通信大学
宮崎 浩一 電気通信大学
宮崎 浩一 電気通信大学電気通信学研究科システム工学専攻
野村 哲史 電気通信大学大学院電気通信学研究科
宮崎 浩一 電通大
山田 辰徳 電気通信大学大学院システム工学専攻

関連論文

▼もっと見る