配当成長率に関する投資家の推測を考慮したオプション評価モデル

元データ 2010-03-17

概要

配当成長率に関する投資家の推測を考慮した資産評価モデルに基づくオプション評価の先行研究では,オプション価格が満たすべき偏微分方程式を導出する手法を採用している.この手法は数学的に洗練されてはいるが,配当成長率に関する投資家の推測に関するモデルのパラメータがどのような形でオプション価格に影響をおよぼすのか直感的理解が得にくい.また,複雑なペイオフを持つオプションの評価に柔軟に対応することが困難である.本研究では,シミュレーションに基づくオプション評価モデルを提案し,数値実験に基づいてモデルのパラメータがどのようなメカニズムによってボラティリティスマイルやスキューを生成するかについて検討する.

著者

宮崎 浩一 電気通信大学システム工学科
錦 康二 電気通信大学電気通信学研究科
田中 健太郎 電気通信大学電気通信学研究科
田中 健太郎 電気通信大学システム工学科
宮崎 浩一 電気通信大学
宮崎 浩一 電気通信大学電気通信学研究科システム工学専攻
田中 健太郎 電気通信大学
錦 康二 電気通信大学大学院電気通信学研究科

関連論文

▼もっと見る