ジャンプ拡散過程に基づくオプションのデルタヘッジ(セッション1)

元データ 2006-12-21 一般社団法人情報処理学会

概要

オプションを用いたリスクヘッジ手法としてデルタヘッジがある.デルタヘッジでは原資産価格過程として一般化ウィナー過程を仮定しているが,一般化ウィナー過程では実際の市場の価格変動を表現するには不十分である,そこで本研究では,資産価格変動をより現実的に表現するために,一般化ウィナー過程にジャンプ成分を加える.このような過程はジャンプ拡散過程と呼ばれる.その代表的なモデルであるMJDモデルに原資産価格過程が従う場合に,BSデルタを用いたデルタヘッジを行い,その収益がジャンプパラメータに関してどのような傾向がみられるかを検討する.

著者

宮崎 浩一 電気通信大学システム工学科
伊藤 翔 電気通信大学電気通信学研究科システム工学科
宮崎 浩一 電気通信大学
宮崎 浩一 電気通信大学電気通信学研究科システム工学専攻

関連論文

▼もっと見る