資産と金利の変動による無差別曲線変動型ポートフォリオモデル(経済情報学)

元データ 2004-12-20 一般社団法人情報処理学会

概要

ポートフォリオにおける危険証券と安全証券の割合は,投資家のリスク回避度に依存して決定される.従来のポートフォリオモデルにおいて個人のリスク回避度は,資産残高や金利水準に依存せず一定であると仮定されていた.現実には,リスク回避度はこれらの要因に依存する,本研究では,無差別曲線の形状が資産残高と金利水準に応じて変化するような枠組みで,多期間ポートフォリオモデルを構築する.数値実験では,テールリスク対比で高い期待リターンが得られることが確認された.

著者

宮崎 浩一 電気通信大学
宮崎 浩一 電気通信大学電気通信学研究科システム工学専攻
矢萩 一樹 電気通信大学大学院電気通信学研究科
三山 晋大朗 電気通信大学システム工学科

関連論文

▼もっと見る