株価レーティングの特徴と利用可能性

元データ 2008-09-26 一般社団法人情報処理学会

概要

株式における投資判断の指標として株価レーティングがある.今日,株価レーティングは個人投資家,機関投資家の間で定着してきているが,株価レーティングの精度や特徴について詳細に検証した論文は少なく,実際の投資判断の指標として用いるには十分であるとはいえない.そこで,本研究では,統計的観点から株価レーティングが対象とする銘柄の割安割高を適切に評価しているのかについて検証を行い,レーティングは超過リターンの推移に依存し決定されているのではないかとの観点から,超過リターンの推移がアナリストの評価にどのような影響を与えるのかについても検証を行う.また,予測精度向上のアプローチとして,評価を行っている会社の数と株価レーティングの予測精度の関係について検証を行い,最後に株価レーティングの特徴とその利用可能性について考察を与える.

著者

宮崎 浩一 電気通信大学システム工学科
錦 康二 電気通信大学電気通信学研究科
加藤 明 電気通信大学電気通信学研究科システム工学専攻
宮崎 浩一 電気通信大学
宮崎 浩一 電気通信大学電気通信学研究科システム工学専攻
錦 康二 電気通信大学大学院電気通信学研究科
加藤 明 電気通信大学システム工学科

関連論文

▼もっと見る