流動性リスクと株価リターン:レジームスイッチングモデルによる検証

元データ 2011-11-24

概要

本研究では,小型株と大型株のポートフォリオリターンを対象に,株式売買のしやすさを表現する流動性指標 (流動性リスクの代用変数) と株価リターンの関係をレジームスイッチングモデルに基づき考察する.特にマーケットファクターに関する回帰係数もレジームに応じて異なる値をとることができるように既存モデルを拡張したモデルを用いて検証を行う.また,いくつかの仮定を置くことになるが,決定係数や回帰係数のt統計量の考え方を導入したうえで検証を行う.

著者

回渕 純治 電気通信大学システム工学科
Junji Mawaribuchi University of Electro-Communications
宮崎 浩一 電気通信大学
宮崎 浩一 電気通信大学電気通信学研究科システム工学専攻
宮崎 浩一 電気通信大学電気通信学研究科
伊東 賢二 電気通信大学
回渕 純治 三菱UFJトラスト投資工学研究所(MTEC)

関連論文

▼もっと見る