デルタヘッジによる収益の不確実性に関する検証モデル

元データ 2005-06-15

概要

オプションの市場価格が理論価格より割高である場合には, オプションを売却してデルタヘッジを行えば理論上は確実に収益があがるはずであるが, 実際には損失が発生することがある.本研究では, そのメカニズムを解明するために, デルタヘッジの効率性に着目したシミュレーションモデルを提案した後, 実データに基づいて本モデルを利用した検証を行う.デルタヘッジを行う際に使用するデルタの算出には, 実現したボラティリティ, 各時点のインプライド・ボラティリティ, GARCHボラティリティの3種類を用いることで, これらのボラティリティがデルタヘッジに与える効率性の違いを比較した.また, 分析をより現実的なものとするため, デルタヘッジにおける株式の売買コストを考慮したうえで, ヘッジ頻度を変えた分析からデルタヘッジの効率性とヘッジコストとのトレードオフを確認した.実験結果から, 各時点のインプライド・ボラティリティおよびGARCHボラティリティを直接利用するだけでは, デルタヘッジの効率性はきわめて低いことが分かった.ただし, 現実のボラティリティをある程度正しく予測することができたならば, 取引回数を10回程度以上行うことで理論どおりに収益をあげることができるのが確認できた.また, ヘッジコストとヘッジの効率性に関するトレードオフは存在し, ヘッジ間隔が長くなるにつれて売買コストが低下する影響が強く現れる結果となった.

著者

宮崎 浩一 電気通信大学
宮崎 浩一 電気通信大学電気通信学研究科システム工学専攻
矢萩 一樹 電気通信大学大学院電気通信学研究科

関連論文

▼もっと見る