複素署名インパルスの検出振幅値を最大とする画像電子透かし法(情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会)

元データ 2011-02-24

概要

本論文では,複素署名インパルスの検出振幅値を最大とする画像電子透かし法を提案する.提案法は,複素署名インパルスを埋め込む際にその位置の振幅値が最も大きくなるように署名情報を埋め込む前の系列の値を参考にして複素署名インパルスの実部,および虚部の強度を決定する.そのため,圧縮などに対する耐性が向上する.計算機実験により,本手法を用いて署名情報を埋め込んだ時の検出率,およびJPEG圧縮を圧縮率を変えながら施した場合の署名検出率を示し,本手法の有効性を明らかにする.

著者

大上 健二 愛媛大学大学院理工学研究科
宇戸 寿幸 愛媛大学工学部情報工学科
大上 健二 愛媛大学工学部
宇戸 寿幸 愛媛大学工学部
上田 俊典 愛媛大学工学部

関連論文

▼もっと見る