スミア変換とウェーブレット変換を用いた動画像電子透かし法(情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会)

元データ 2006-03-10

概要

インターネットのブロードバンド化に伴い,画像や音声に加え動画像も広く流通されるようになった.一般的に動画像は圧縮処理が施されている.そのため,動画像電子透かし法は圧縮耐性を保持していることが必須であるが,動画像の圧縮形式は多種多様である.本論文では,圧縮形式に依存せず,圧縮に対して十分な耐性をもつ,スミア変換とウェーブレット変換を用いた動画像電子透かし法を提案する.本手法は,ウェーブレット変換によりダイナミックレンジの小さな領域を生成し,その領域に署名インパルスを埋め込むことによって埋め込み後の品質を向上させる.また,スミア変換による署名インパルスの拡散と署名情報の検出時のフレームの同期加算により圧縮耐性を高める.計算機実験によってMPEG1およびWMV9圧縮に対して耐性を保持していることを示す.

著者

大上 健二 愛媛大学工学部
宇戸 寿幸 愛媛大学工学部
古津 元大 愛媛大学工学部情報工学科

関連論文

▼もっと見る