拡大画像から署名情報を検出できる2次元スミア変換を用いた電子透かし法

元データ 2002-01-03 社団法人電子情報通信学会

概要

近年, インターネットの普及に伴い画像や音楽などのディジタル著作物がネットワーク上に公開されるようになった.それに伴いそうしたディジタル著作物が不正にコピーされる危険性が増大している.そこでディタル著作物に対して著作者の情報などを目立たないように埋め込む電子透かしの技術が注目されている.本論文では, 拡大された画像からでも署名情報が検出できる2次元スミア変換を用いた新しい電子透がし法を提案する.提案する本手法は, 従来とは異なる方法で拡散係数を定めた2次元スミア変換を用いることにより拡大された署名埋め込み画像から署名情報を検出できるようになる.計算機実験により本手法が, 拡大画像処理に耐性をもつことを具体的に示しその有効性を明らかにする.

著者

岡久 卓也 愛媛大学工学部情報工学科
大上 健二 愛媛大学工学部
大西 善之 愛媛大学工学部情報工学科

関連論文

▼もっと見る