2次元トランスバーサル型全域通過フィルタの振幅特性歪みを抑制する群遅延特性条件

元データ 1999-01-21 社団法人電子情報通信学会

概要

従来2次元トランスバーサル型全域通過フィルタは、全帯域で振幅特性が平坦とならず振幅特性歪みが生じる問題があった。本論文では、2次元トランスバーサル型全域通過フィルタの振幅特性歪みの発生要因はその伝達関数が分母多項式を有しないことのみならずその群遅延特性の非対称性と不連続性にあることを明らかにしている。はじめに、2次元トランスバーサル型全域通過フィルタの設計法を示すとともに、そのフィルタに対の振幅特性歪み評価値を定義する。次に、振幅特性歪みを抑制する群遅延特性条件を明らかにする。最後に、振幅特性歪みを抑制した2次元トランスバーサル型全域通過フィルタの設計例を具体的に示す。

著者

岡久 卓也 愛媛大学工学部情報工学科
大上 健二 愛媛大学工学部
木全 祐介 愛媛大学工学部情報工学科

関連論文

▼もっと見る