拡大スミア変換と隣接差分検出を用いた画像電子透かし法(情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会)

元データ 2011-02-24

概要

本論文では,拡大スミア変換と隣接差分検出を用いた画像電子透かし法を提案する.本手法では,複素スミア変換によって署名情報を系列全体に拡散させ,第三者による署名情報の特定を困難にしている.また,拡大スミア変換を用いて系列のサイズを拡大し,埋め込める署名情報量を増加させている.さらに,隣接差分検出を用いることで,圧縮された画像から署名を検出することが可能となっている.最後に,計算機実験により,生成した署名埋め込み画像の品質,署名情報量,圧縮耐性を評価し,本手法の有効性を明らかにする.

著者

大上 健二 愛媛大学大学院理工学研究科
宇戸 寿幸 愛媛大学工学部情報工学科
大上 健二 愛媛大学工学部
宇戸 寿幸 愛媛大学工学部
大野 仁嵩 愛媛大学工学部

関連論文

▼もっと見る