草本類培地における担子菌類の生育特性(第1報) : 非作物草本(雑草類)培地における菌糸体成長

元データ 2008-12-31 日本きのこ学会

概要

発生量が多く季節変動の少ない非作物草本について,担子菌の培地として使用可能性であるかを明らかにするため,13種の非作物草本を用いて作製した固体培地に,32株の担子菌を接種して菌糸体成長を調べた.その結果,イネ科のネズミムギ(Lolium multiflorum)培地では29株中10株の菌で28日後に菌糸体が100mm以上成長し,その他3種のイネ科草本においても菌糸体成長は比較的速かった.また,タモギタケ(Pleurotus cornucopiae var. citrinopileatus)やヒラタケ(P. ostreatus)等のヒラタケ科,およびマンネンタケ(Ganoderma lucidum),ヤマブシタケ(Hericium ennaceum)等のヒダナシタケ目の木材腐朽菌の菌株の生育が13種の草本の大部分で速かった.

著者

中西 載慶 東京農業大学
中西 載慶 東農大・農・醸
本間 裕人 東京農業大学短期大学部醸造学科
徳田 宏晴 東京農業大学短期大学部醸造学科
中西 載慶 東京農業大学短期大学部醸造学科
中西 載慶 東農大・短・醸造
代 万里子 東京農業大学短期大学部醸造学科
本間 裕人 東京農業大学短大
徳田 宏晴 東京農業大学短大部醸造学科
本間 裕人 東京農業大学短大部醸造学科
徳田 宏晴 東農大・応生科・醸造
徳田 宏晴 東京農業大学・短大・醸造学科
本間 裕人 東京農業大学・短大・醸造学科

関連論文

▼もっと見る