乳酸菌Lactobacillus corniformisロイテリン産生株の稲わらサイレージへの接種効果

元データ 2003-08-15 日本草地学会

概要

加水稲わらを材料とした実験室規模のサイレージを調製し,その際,グリセリンから抗菌物質ロイテリンを産生可能な乳酸菌Lactobacillus corniformis394株をグリセリンと共に接種してその効果を調べた。本菌株をグリセリン原物1-2%と共に添加すると,中性付近のpH条件下でも酪酸発酵の抑制が認められ,また開封後には,乳酸代謝性酵母によるpH上昇が遅延し,カビの生育も遅延が認められた。このような効果は本菌株をグリセリンと共に接種した時のみ認められたため,サイレージ中でロイテリンが産生されたことによると推察された。

著者

蔡 義民 畜産草地研究所
宮崎 茂 動物衛生研究所
藤田 泰仁 畜産草地研究所
田中 治 東北農業研究センター
藤田 楽仁 畜産草地研究所
大桃 定洋 国際農業研究センター
中西 載慶 東京農業大学
大桃 定洋 九州大学大学院農学研究院遺伝子資源工学部門
中西 載慶 東京農業大学短期大学部醸造学科
田中 治 農業技術研究機構 東北農研セ
田中 治 東北農研センター

関連論文

▼もっと見る