A111 南極域におけるブロッキング後の総観規模場の変化とドームふじ基地の雲・降水(スペシャル・セッション「国際極年(IPY)2007-2008の成果と将来展望」I)

元データ 2009-10-31

著者

本山 秀明 情報・システム研究機構国立極地研究所
中村 尚 東京大学大学院理学研究科
平沢 尚彦 国立極地研究所
林 政彦 福岡大学理学部
山内 恭 国立極地研究所
本山 秀明 国立極地研究所
平沢 尚彦 情報・システム研究機構国立極地研究所
山内 恭 極地研
林 政彦 福岡大理
林 政彦 福岡大学理学部地球圏科学科
林 政彦 福岡大学
山内 恭 国立極地研究所総合研究大学院大学極域科学専攻
中村 尚 東京大学大学院理学系研究科
平沢 尚彦 国立極地研
本山 秀明 極地研
本山 秀明 情報・システム研究機構 国立極地研究所
本山 秀明 北海道大学低温科学研究所
本山 秀明 National Institute of Polar Research
Hayashi M Solar-terrestrial Environment Laboratory Nagoya University
Hayashi Masahiko Fukuoka University
平沢 尚彦/田阪 情報・システム研究機構国立極地研究所/岐阜大学総合情報メディアセンター/産業技術総合研究所地球環境評価研究グループ
平沢 尚彦 国立極地研究所:総研大極域科学専攻
山内 恭 国立極地研究所:総研大極域科学専攻
中村 尚 海洋研究開発機構:東大院理学系研究科
中村 尚 東京大学先端科学技術研究センター
中村 尚 東京大学

関連論文

▼もっと見る