携帯端末用L字型折り返しモノポールアンテナの素子間相互結合低減に関する一検討

元データ 2008-01-16 社団法人電子情報通信学会

概要

ダイバーシチやMIMO(Multiple-Input Multiple-Output)アンテナのように,複数素子を配置する研究が進められている.近接したアンテナ同士で生じる素子間相互結合はアンテナの性能に大きい影響を及ぼすため,特に携帯端末の限られた空間に複数素子を構成する場合,素子間相互結合の低減にはより簡単でありながらアンテナ性能の維持または向上等を考慮する必要がある.本報告では,2素子のL字型折り返しモノポールアンテナを用いた携帯端末用アレーアンテナの素子間相互結合低減法を検討する.解析結果より,各素子の給電ストリップは導体板の中心から見て外側に設け,ショートストリップを挟んだ構成が相互結合の観点から望ましいことがわかった.また,素子間結合の低減法として,各素子を結ぶブリッジを装荷することにより,相互結合は当初に比べ大きく低減され,アンテナ効率の向上が可能になった.

著者

森下 久 防衛大学校産業技術総合研究所
森下 久 防衛大学校
伊藤 淳 防衛大学校電気電子工学科
金 庸浩 防衛大学校電気電子工学科
金 庸浩 防衛大
伊藤 淳 防衛大学校 電気電子工学科

関連論文

▼もっと見る