折り返しループアンテナを用いた端末用2×2MIMOアンテナの実効性能評価(衛星、アンテナ・伝搬技術及び一般)

元データ 2006-05-11 社団法人電子情報通信学会

概要

近年,周波数帯域を広げずに高速伝送を実現するMIMO(Multiple Input Multiple Output)技術の研究開発が進められている.我々は,MIMO技術を端末に搭載した場合の基礎検討として,折り返しループアンテナを用いた端末用MIMOアンテナを提案している.本稿は,より実際の使用状態に近い条件として,端末を手で保持した場合のアンテナ性能,並びに屋内伝搬環境下におけるMIMOの実効性能(チャネル容量)を検討した.また,チャネル容量において,端末の指向性パターンと偏波の傾きの因果関係について検討した.その結果,折り返しループアンテナを用いた端末用MIMOアンテナは,広帯域でかつ,低相関が得られ,手による人体の影響が小さく,MIMOのチャネル容量において数bps/Hz程度の劣化で抑えることが確認できた.また,端末の指向性パターンと到来波の偏波(XPR)を一致させるようにすることでMIMOのチャネル容量を高くできることを明らかにした.

著者

森下 久 防衛大学校産業技術総合研究所
森下 久 防衛大学校
小柳 芳雄 パナソニックモバイルコミュニケーションズ(株)
林 俊光 パナソニックモバイルコミュニケーションズ(株)
佐藤 浩 パナソニック モバイルコミュニケーションズ(株)
林 俊光 パナソニックモバイルコミュニケーションズ株式会社
林 俊光 パナソニック モバイルコミュニケーションズ
佐藤 浩 パナソニックモバイルコミュニケーションズ(株)
小柳 芳雄 パナソニック モバイルコミュニケーションズ
佐藤 浩 防衛大学校電気電子工学科

関連論文

▼もっと見る