給電線を付加した折り返しダイポールアンテナの特性

元データ 2008-09-04 社団法人電子情報通信学会

概要

近年、携帯電話において、多様なアプリケーション(IMT-2000,Bluetooh,WiMAX)が使用されるようになり、広帯域特性を持った携帯端末用アンテナへの要求が高まっている。これまでに、グランド板上に配置された携帯端末用内蔵型折り返しダイポールアンテナの給電部構造の検討を行うことにより、広帯域特性を持つことが報告されている。本報告では、最初に、給電線を付加した平面型折り返しダイポールアンテナについて検討を行い、給電線長がλ/4の時、広帯域特性が得られることを明らかにする。次に、小形化について検討を行い、給電線を含んだ立体型折り返しダイポールアンテナ形状を提案し、給電線の大きさに関しては約84%、アンテナ長に関しては約19%減少させた場合においても、広帯域特性を維持していることを確認する。

著者

森下 久 防衛大学校産業技術総合研究所
森下 久 防衛大学校電気電子工学科
森下 久 防衛大学校
金 〓浩 防衛大学校電気電子工学科
平山 雅也 防衛大学校電気電子工学科
山野 孝史 防衛大学校電気電子工学科
伊藤 淳 防衛大学校電気電子工学科
宮本 勉 防衛大学校電気電子工学科
金 鋪浩 防衛大学校 電気工学教室
伊藤 淳 防衛大学校 電気電子工学科

関連論文

▼もっと見る