円偏波アーム付きフラフープ形アンテナ

元データ 1995-03-27

概要

これまでに、間隙を有する単ループアンテナ2個を給電点で結合させた、双ループ構造を有するアンテナ特性について明らかにしている。その際、間隙隔位置を給電点の近くに設置した場合でも円偏波が励振さることを確認している。それらを基に給電構造を簡単にした円偏波フラフープ形アンテナを先に提案し、ここではフラフープの先端にアームを付けたフラフープ形アンテナの基本特性を数値解析によって明らかにするとともに、実験により計算結果の妥当性を確認する。

著者

森下 久 防衛大学校産業技術総合研究所
森下 久 防衛大学校
長尾 司 防衛大・電気工学教室
長尾 司 防衛大学校電気工学教室通信工学科
飯塚 友嗣 防衛大学校電気工学教室

関連論文

▼もっと見る