アンテナの小形化を目的とした装荷電磁材料の構造最適化に関する一検討(アンテナ,マイクロ波論文(大学発))

元データ 2007-12-01 社団法人電子情報通信学会

概要

本論文は,2GHz帯携帯端末用内蔵型アンテナとして代表的な平板逆Fアンテナ(Planer Inverted F Antenna, 以下PIFA)に磁性体を装荷し,小形なPIFAを実現するための,装荷する磁性体の構造最適化について検討する.まず,PIFAの基本特性を解析し,これをもとにPTFAに磁性体を装荷し,数値解析及び測定により小形化の可能性を検討するとともに電磁界シミュレータによる解析結果の有効性について検証する.次に,構造力学の領域で検討されているトポロジー最適化手法を用いて,PIFAを小形化するための磁性体構造を最適化する.更に,電磁界シミュレータを用いて,トポロジー最適化手法により最適化された磁性体構造をもとに磁性体談荷PIFAのアンテナ特性について解析を行い,トポロジー最適化により得られた磁性体構造の妥当性について検証する.この結果,磁性体を用いて放射特性を維持したままアンテナの小形化が可能であり,トポロジー最適化手法により,更に小形なアンテナを実現するための磁性体構造が得られることを確認した.

著者

佐藤 和夫 (株)豊田中央研究所エレクトロニクス部
野村 壮史 (株)豊田中央研究所
森下 久 防衛大学校産業技術総合研究所
森下 久 防衛大学校
佐藤 和夫 株式会社 豊田中央研究所
野村 壮史 株式会社 豊田中央研究所
松崎 明 防衛大学校電気電子工学科
遠藤 進也 防衛大学校電気電子工学科
野村 壮史 豊田中研
野村 壮士 (株)豊田中央研究所
佐藤 康夫 (株)豊田中央研究所
佐藤 和夫 (株)豊田中央研究所

関連論文

▼もっと見る