携帯端末用平衡給電型ループアンテナの特性

元データ 1998-12-18 社団法人電子情報通信学会

概要

従来の携帯端末用アンテナシステムは、携帯端末を人が持って操作する際、利得の低下が観測されることがある。これは、人体の影響によって生ずる携帯端末の筐体上の電流変化が原因である。ここでは、(1)携帯端末用アンテナの設計指針、(2)筐体上の電流を減らすために、新たに提案する平衡給電型ループアンテナシステムの解析について述べる。平衡給電型ループアンテナの有効性を確認するために、導体板上の小形ループアンテナを置いた簡単なモデルを用いて解析を行った。平衡給電型ループアンテナの電流分布を、計算と実験から求め、不平衡給電型ループアンテナと比較した。その結果、平衡給電型アンテナにおいては導体板上の電流を著しく減少させることができ、その有効性を確認した。電流分布及び放射パターンにおいて計算値、実験値ともよく一致した結果が得られた。

著者

森下 久 防衛大学校産業技術総合研究所
森下 久 防衛大学校
藤本 京平 国際科学振興財団
古内 弘樹 防衛大学校通信工学科
古内 弘樹 防衛大・電気工学
田中 善吾 防衛大学校電気工学教室
井出 春重 防衛大学校電気工学教室
藤本 京平 (財)国際科学振興財団
井出 春重 防衛大・電気工学
田中 善吾 防衛大 通信工学科

関連論文

▼もっと見る