折り返し構造を有するボウタイアンテナ(一般)

元データ 2010-01-14 社団法人電子情報通信学会

概要

ボウタイアンテナに折り返し構造を付加することで,VSWR≤2となる最低動作周波数が低下しアンテナの小形化が可能であることがすでに報告されている.しかしその場合,VSWR特性の劣化により帯域が制限されるという問題が生じた.この原因についての詳細な検討は行われていない.本報告ではこのVSWR特性の劣化の原因について詳細な検討を行い,その原因を明らかにする.また,ボウタイアンテナを折り曲げることにより,構造的にアンテナの小形化を図り,折り返し構造の付加による小形化と組み合わせて更なる小形化が可能となることを示す.

著者

永利 美緒 防衛大学校産業技術総合研究所
森下 久 防衛大学校産業技術総合研究所
森下 久 防衛大学校電気電子工学科
森下 久 防衛大学校
田中 信吾 矢崎総業株式会社矢崎技術研究所高周波技術研究部
堀内 学 矢崎総業株式会社矢崎技術研究所高周波技術研究部
田中 慎吾 矢崎総業株式会社矢崎技術研究所高周波技術研究部
永利 美緒 防衛大学校電気電子工学科
田中 信吾 矢崎総業株式会社技術研究所
堀内 学 矢崎総業株式会社技術研究所高周波技術研究部
永利 美緒 防衛大学校

関連論文

▼もっと見る