プロジェクタとカメラを用いた大画面シルエットパズルの実現(画像,映像表現フォーラム)

元データ 2010-03-12

概要

シルエットパズルという1人遊びを想定したパズルがある.シルエットパズルは正解の形通りにパズルを並べることができたかを自分で判定して遊ぶものである.これを複数人で楽しめるパズルとして,プロジェクタとカメラとマグネット吸着のスクリーンだけで実現した.プロジェクタから投影されるシルエット通りにマグネット入りのパズルピースがスクリーン上に正しく配置されるかどうかを,カメラ画像の自動認識装置で常時監視し,正解を検出するとシルエット形状にちなんだ絵をプロジェクタから送出することで,周囲の見学者も巻き込んで皆でパズルを楽しむ事ができる.

著者

野中 聡 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座
小栗 奈緒美 東京電機大学工学部
加島 孝博 東京電機大学工学部
北島 周平 東京電機大学工学部
師井 聡子 東京電機大学工学部
中島 克人 東京電機大学工学部
加島 隆博 東京電機大学大学院未来科学研究科
中島 克人 東京電機大学大学院工学研究科
師井 聡子 東京電機大学
加島 孝博 東京電機大学大学院未来科学研究科情報メディア学専攻
小栗 奈緒美 東京電機大学大学院未来科学研究科情報メディア学専攻

関連論文

▼もっと見る