重症心身障害児(者)に対する喉頭摘出術

元データ 2006-03-31

概要

反復性難治性の誤嚥性肺炎は重症心身障害児(者)の生命予後を決定する重大な疾患である.2002年5月から2005年4月までの3年間に旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科にて誤嚥を完全に防止するため喉頭摘出術を8例に施行した.術後,全例で誤嚥性肺炎は制御され,重篤な術後合併症も認めなかった.また,8例中4例の家族に対して行った質問の結果,全例喉頭摘出術を行ったことに満足しており,喉頭を摘出したことを後悔する回答はなかった.耳鼻咽喉科医にとって古典的な手技である喉頭摘出術は,重症心身障害児(者)に対しても有力な誤嚥防止手術であり,患者とその家族のQOL向上に貢献する手技である

著者

野中 聡 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座
林 達哉 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座
原渕 保明 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座
安部 裕介 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座
野中 聡 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科
今田 正信 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科
荒川 卓哉 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科
今田 正信 旭川医大 耳鼻咽喉科・頭頸部外科
荒川 卓哉 旭川厚生病院耳鼻咽喉科
原渕 保明 旭川医科大学
今田 正信 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学
今田 正信 旭川医科大学耳鼻咽喉科
林 達哉 旭川医科大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科
安部 裕介 旭川医科大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学
安部 裕介 旭川医科大学 耳鼻咽喉科
今村 正信 旭川医科大学 耳鼻咽喉科
荒川 卓哉 旭川医科大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科
Nonaka Satoshi Department Of Otolaryngology-head And Neck Surgery Asahikawa Medical College
林 達哉 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学教室
野中 聡 旭川医科大学耳鼻咽喉科学教室
今田 正信 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学教室
野中 聡 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学教室
野中 聡 旭川医科大学耳鼻咽喉科

関連論文

▼もっと見る