雪氷試料の化学解析-アルファ線波高分析法を用いた雪氷中 210Pb の高感度測定-

概要

雪氷試料中の^<210>Pbは半減期22.3年の放射性核種であり, 大気エアロゾルの起源を考察するうえで, また, 氷河への堆積速度を推定するうえで有効な情報を与える。本報ではα線波高分析法を用いた氷中^<210>Pbの高感度分析法と氷コア年代決定法について紹介する。スバールバル諸島オスゴルド氷河で採取した氷コア試料について天然放射性核種^<210>Pbを測定した。^<210>Pbの放射能は, その娘核種である^<210>Po(半減期138日)から放出されるα線を計測することによって求めた。氷河表層における^<210>Pb濃度は110mBq/kgであり, 約30m深における4.72mBq/kgまで深さとともに指数関数的に減少した。30m以深で濃度はほぼ一定値を示し, 30mから180mまでの平均濃度は4.85±1.33mBq/kgであった。これらの結果は氷河上に降下した大気起源^<210>Pbが, その半減期に従って時間とともに放射能を減衰させていったことを示している。

著者

藤井 理行 国立極地研究所
渡辺 興亜 国立極地研
渡辺 興亜 極地研
渡辺 興亜 極地研究所
太田 一岳 山形大学大学院理学研究科
鈴木 利孝 山形大学大学院理学研究科

関連論文

▼もっと見る