腎細胞癌におけるCD83陽性細胞,CD8陽性細胞,CD4陽性細胞の免疫学的検討

元データ 2004-05-20 社団法人日本泌尿器科学会

概要

(目的)我々は,腎細胞癌を取り巻く免疫環境を明らかにする目的で,腎細胞癌および周囲正常組織を含むパラフィン包埋標本につき成熟樹状細胞(mature dendritic cell: mDC:CD83陽性細胞),細胞傷害性T細胞(cytotoxic-T Cell:CD8陽性細胞),ヘルパーT細胞(helper-T Cell:CD4陽性細胞)の分布を免疫染色で調べ,各細胞間における出現数に相関が認められるかについて検討を行った.(対象と方法)33症例の腎細胞癌パラフィン包埋標本を,抗CD4,CD8,CD83抗体で免疫染色し,腫瘍組織,境界領域,正常腎組織は3つの領域を含む標本について,各領域におけるCD4,CD8,CD83陽性細胞数を計測した.(結果)CD4,CD8,CD83陽性細胞はいずれも境界領域に有意に多く存在した.また,CD4陽性細胞とCD83陽性細胞間(r=0.805,p<0.0001),CD8陽性細胞とCD83陽性細胞間(r=0.505,p<0.0001)に有意の相関を認めた.(結論)成熟樹状細胞は抗原提示細胞として働き,細胞傷害性T細胞,ヘルパーT細胞を誘導することが知られている.境界領域に成熟樹状細胞,細胞傷害性T細胞,ヘルパーT細胞は有意に多く存在したことから,境界領域に免疫反応が起こっていることが示唆された.

著者

野中 聡 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座
野中 源一郎 九州大学薬学部
野中 作太郎 九州電気専門学校
林 達哉 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座
小川 良雄 昭和大学医学部泌尿器科学教室
九島 巳樹 昭和大学病院病院病理科
深貝 隆志 昭和大学医学部泌尿器科学教室
小川 良雄 昭和大学泌尿器科学教室
直江 道夫 昭和大学医学部泌尿器科学
直江 道夫 昭和大学泌尿器科学教室
深貝 隆志 昭和大学泌尿器科学教室
吉田 英機 昭和大学医学部泌尿器科
麻生 太行 昭和大学藤が丘病院
麻生 太行 昭和大学 医学部 泌尿器科
直江 道夫 昭和大学 泌尿器科学教室(主任吉田英機教授)
吉田 英機 昭和大学泌尿器科学教室
麻生 太行 昭和大学泌尿器科学教室
直江 道夫 昭和大学泌尿器科
九島 巳樹 昭和大学病院病理科
吉田 英機 昭和大学泌尿器科
吉田 英機 昭和大 医

関連論文

▼もっと見る