解膠ケイ酸がクリーピングベントグラス(Agrostis stolonifera L.)の成長と無機養分含量に及ぼす影響

概要

ケイ酸(SiO2)の施用は、イネなどの植物の光合成促進や病虫害抵抗性の向上に働くとともに、気象の変動や土壌中の水分およびミネラル含量の変動などに起因する環境ストレスの軽減に有益な作用をもたらすとされている。本研究では、ケイ酸解膠液の施用がクリーピングベントグラスの成長とケイ酸を含む無機養分含量に及ぼす影響について調査した。地上部の葉身では、施用したケイ酸解膠液の濃度が高まるにつれ、葉身中のケイ酸含量の増加が認められた。無施用区と比較するとケイ酸施用区のケイ酸含量は最大3倍程度に増加した。ケイ酸解膠液の濃度が葉身中のN,PおよびK含量に及ぼす影響は明瞭ではなかった。地下部の根では活性の高い白色根が多く確認された。白色根の発生などの生理作用があることと過剰障害が発生しなかったことから、ケイ酸解膠液の施用はクリーピングベントグラスにおいて地下部の成長に対して効果があるものと推察された。It is already reported that application of silica (SiO2) has some beneficial effects on plants such as rice, for example, to improve the photosynthetic activity, and pest and disease resistance, and to mitigate the environmental stresses, caused by the variations of climates, water and mineral contents of soil. In this study, the application of peptized silica solution ("SILICA-SUI" containing 4% of SiO2, Fuji Chemical Co., Ltd.) was examined for the growth and mineral contents, including of silica, in creeping bentgrass (Agrostis stolonifera L. cv. Penncross). In the leaf blade of aboveground parts, silica content increased with the increase in the concentration of silica solution. The concentration of silica in the leaf blade increase by 3 times as much as the non-applied control. The effect of concentration of silica solution was not apparently found on the nitrogen, phosphorous and potassium contents of leaf blade. In the underground roots, the active white root was detected in the putting green of creeping bentgrass by the application of silica solution. It is suggested that application of silica solution influence root of creeping bentgrass.

著者

明石 良 宮崎大学フロンティア科学実験総合センター
井戸田 幸子 宮崎大学農学部
明石 良 宮崎大学フロンティア実験科学総合センター
井戸田 幸子 宮崎大農
井戸田 幸子 北里大学獣医畜産
井戸田 幸子 宮崎大学農学部草地環境科学講座
森下 史康 富士化学株式会社 チーム21

関連論文

▼もっと見る