衝撃波の微生物細胞膜破壊に及ぼすサイズ効果

元データ 1996-04-01 社団法人日本農芸化学会

概要

Mocroorganisms were disrupted by shock compression and the following rarefaction. Their mortalities were closely related to the shock pressure and their size, and the size effect was such that for smaller microorganisms it was harder to disrupt them. The pattern of cell fracture in the SEM image was not similar to that by sonication but by spallation. Results of the sonication did not show the size effect. It was therefor found that disrupture mechanisms are different between shock and sonication, and that the size effect was related to the wave interaction

著者

藤原 和人 熊本大学工学部知能生産システム工学科
松尾 日出男 熊本大学工学部知能生産システム工学科
淺川 牧夫 熊本大学教育学部
浅川 牧夫 熊本大学教育学部食物学研究室
藤原 和人 熊本大学工学部機械システム工学科
広江 哲幸 熊本大学工学部
松尾 日出男 熊本大学
堀 澄人 熊本大学工学部
藤原 和人 熊本大学工学部
松尾 日出男 熊本大学工学部
浅川 牧夫 熊本大学教育学部

関連論文

▼もっと見る