EBM の手法を用いた診療ガイドライン:日本における取り組み・課題と展望

概要

根拠に基づく医療 (EBM) の手法を用いた診療ガイドラインに対する関心が医療者のみならず,一般の人々の間でも高まっている.診療ガイドラインの定義は「特定の臨床状況のもとで,医療者と患者の意思決定を支援する目的で,系統的に作成された文書」であるが,その意義は国内では必ずしも適切に理解されていない.本レビューは,国内における診療ガイドラインに関する取り組み,課題と展望の紹介を行うものである.

著者

中山 健夫 京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康情報学
中山 健夫 京都大学大学院医学研究科
中山 健夫 京都大学健康情報学
中山 健夫 京都大学大学院医学研究科健康情報学
中山 健夫 京都大学大学院医学研究社会健康医学系専攻健康情報学分野

関連論文

▼もっと見る