口腔関連QOL尺度開発に関する予備的検討 : General Oral Health Assessment lndex(GOHAI)日本語版の作成

元データ 2004-04-30

概要

口腔疾患は,局所的な疼痛や咀聯機能障害を招くだけではなく,心理社会的,経済的に影響を及ぼす一要因として看過できないものである.近年,これらの視点から検討を行ううえで必要となるQOL尺度の重要性は増している.そこで,心理社会面の反映に優れ,かつ対象集団や状況に応じて補完項目やほかの尺度の併用を考慮できる包括的口腔関連QOL尺度開発を目的として,General Oral Health Assessment Index(GOHAI)日本語版作成に着手した.原作者から日本語版作成の許可を得た後,翻訳者による尺度の順翻訳を開始した.順翻訳された項目を基に,フォーカス・グループを通して討議を行い,暫定版尺度を作成した.この暫定版を使用して地域住民を対象にパイロット・スタディを実施し,その結果から質問紙の再検討を行った.質問文の長さや表現の難解さ,逆転項目の存在が問題点として示されたことから,可及的にオリジナルに忠実であるように配慮しながら,暫定版に修正を加えた.さらに,レイアウトや字体に関する検討を完了した後,逆翻訳作業を行った.原作者による逆翻訳の確認および最終的な了承を得て,GOHAI日本語版Version 1.0を完成させた.

著者

中山 健夫 京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康情報学
福原 俊一 京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻医療疫学分野
中山 健夫 京都大学大学院医学研究科
中山 健夫 京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻 健康管理学講座 健康情報学分野
中山 健夫 京都大学健康情報学
鈴鴨 よしみ 東北大学大学院医学系研究科肢体不自由学分野
内藤 真理子 名古屋大学大学院医学系研究科予防医学/医学推計・判断学
福原 俊一 京都大学医学研究科健康解析学
福原 俊一 京都大学大学院医学系研究科:npo法人健康医療評価研究機構
福原 俊一 京大 大学院医学研究科 社会健康医学 理論疫学分野
内藤 真理子 九歯大・小児歯
内藤 真理子 京都大
内藤 真理子 名古屋大学医学系研究科予防医学
鈴鴨 よしみ 京都大学大学院医学研究科理論疫学
福原 俊一 東京大学大学院医学系研究科
内藤 真理子 京都大学大学院医学研究科健康情報学分野
鈴鴨 よしみ 京都大学大学院医学研究科医療疫学
福原 俊一 京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻医療疫学
福原 俊一 京都大学大学院医学研究科
福原 俊一 京都大学医学研究科医療疫学
福原 俊一 京大 大学院医学研究科 医療疫学
中山 健夫 京都大学大学院医学研究科健康情報学
福原 俊一 京都大学医学研究科医療疫学分野
福原 俊一 東京大学医学部医学研究科
中山 健夫 京都大学大学院医学研究社会健康医学系専攻健康情報学分野
内藤 真理子 名古屋大学大学院医学系研究科予防医学
中山 健夫 京都大学大学院健康情報学分野

関連論文

▼もっと見る