液中でのレーザー励起プラズマによる3次元カラー画像表示器

元データ 東京大学

概要

 光スキャナを用いて波長1.06μmのパルスYAGレーザ光を3次元走査し, 水中に焦点を結んで水分子のレーザブレイクダウン・プラズマを発生させ, それを点光源に用いた新しい3次元画像表示器の原理検証を行った.パルス周波数500Hzでは, 1mmあたりの解像度10ピクセル, 画像寸法1cm程度の3次元ビットマップ画像を得た.また, この画像を液晶カラーフィルタを通して観察することにより, 3次元カラー画像が表示可能であることを示した.[本要旨はPDFには含まれない]

著者

平川 一彦 東大生研
平川 一彦 Jst-crest:東大生研:東大ナノ量子機構
年吉 洋 東大生産研
平川 一彦 東京大学生産技術研究所
大平 康隆 東京大学生産技術研究所マイクロメカトロニクス国際研究センター
年吉 洋 東京大学生産技術研究所マイクロメカトロニクス国際研究センター
年吉 洋 東京大学 生産技術研究所
年吉 洋 東京大学生産技術研究所
年吉 洋 東京大学先端研
チェコフスキー アレサンダー 東京大学生産技術研究所
大平 康隆 東京大学工学系研究科
大塚 由紀子 東京大学生産技術研究所
中川 一彦 東京大学生産技術研究所
平川 一彦 東京大

関連論文

▼もっと見る