量子ドットTHz光子検出器とそのイメージング応用 : パッシブTHz顕微鏡(ミリ波・テラヘルツ波デバイス・システム)

元データ 2006-02-23 社団法人電子情報通信学会

概要

量子ドットTHz光子検出器は単一電子トランジスタの周辺電荷に対する高い敏感性を利用している。我々は、従来検出器の約1000倍の感度を有するこの光子検出器を用いて、物質からの極微弱THz発光をパッシブに顕微イメージングするシステムを開発している。ここではTHzフォトンカウンティング技術の現状とその応用展開について紹介する。

著者

平川 一彦 東大生研
生嶋 健司 東京農工大工
平川 一彦 Jst-crest:東大生研:東大ナノ量子機構
生嶋 健司 東大総合文化
長谷川 琢真 東大総合文化
小宮山 進 東大総合文化
平川 一彦 東大生産研
佐久間 寿人 東大総合文化
上田 剛慈 SORST, Japan Science and Technology Corporation (JST)
佐久間 寿人 東京大学総合文化研究科
中川 一彦 東京大学生産技術研究所
平川 一彦 東京大

関連論文

▼もっと見る