セルフアドヒーシブレジンセメントのエナメル質に対する接着強さに及ぼす表面処理の影響

元データ 2009-07-25

概要

本研究では,エナメル質の接着強さに及ぼす7種類のセルフアドヒーシブレジンセメント〔Maxcem(MA),Smartcem(SM),Unicem(UN),Breeze(BR),Biscem(BI),Set(SE),Clearfil SA luting(CL)〕および1種類の従来型レジンセメント〔Resicem(RE)〕と4種の表面処理〔#600研磨,リン酸処理,オールインワンボンディング材処理(G-bond),リン酸+オールインワンボンディング材処理(PG)〕の影響を圧縮せん断接着強さ,辺縁漏洩および破壊形態について検討した.その結果,エナメル質に対する圧縮せん断接着強さは,MA,UN,BR,BI,SE,CL,REともに#600<オールインワンボンディング材処理<リン酸処理<リン酸+オールインワンボンディング材処理の順に大きな値を示した.辺縁漏洩はCLを除くすべてに#600で認められたが,リン酸処理,またボンディング処理により全てのセメントで防止できた.

著者

林 捷 日歯大・生命歯・補綴2
新谷 明喜 日歯大・生命歯・補綴2
林 捷 日本歯科大学生命歯学部歯科補綴学第2講座
新谷 明喜 日本歯科大学生命歯学部歯科補綴学第2講座
新谷 明喜 日本歯科大学 生命歯・補綴ii
新谷 明一 日本歯科大学歯学部歯科補綴学第2講座
新谷 明喜 日本歯科大学歯学部歯科補綴学教室第2講座
新谷 明喜 日本歯科大学歯学部
新谷 明喜 広島大学 大学院医歯薬学総合研究科先進医療開発科学講座(歯周病態学)
新谷 明喜 日本歯科大学生命歯学部 歯科補綴学第二講座
新谷 明喜 日本歯科大学生命歯学部補綴学第二講座
新谷 明喜 日本歯科大学 歯学部 歯科補綴学 第2講座
新谷 明喜 日本歯大 生命歯
新谷 明喜 日本歯大 歯 補綴学第二

関連論文

▼もっと見る