JISとISOの曲げ試験法によるファイバー補強したハイブリッド型レジンの材料評価

元データ 2006-07-25

概要

本研究は,セラミックスとコンポジットレジンのJISとISOそれぞれの曲げ試験法を採用して,ファイバー補強したコンポジットレジンの曲げ強さに及ぼす影響を検討した.その結果,曲げ強さはJISおよびISOセラミックスの曲げ試験法間に有意な差は認められなかったが,これらとJISコンポジットレジンの間には有意な差が認められた.曲げ強さは,最大値がダラディアのEGファイバーによる補強の650.8MPa,最小値がエプリコードのファイバー補強なしの76.8MPaであった.さらに走査電子顕微鏡による観察では,曲げ強さの大きい試験片はファイバーとレジンが接着しており,小さい試験片はファイバーがレジンから剥離していた.以上のことから,グラスファイバー補強を行ったコンポジットレジンの曲げ強さは大幅に向上し,直接法によるファイバー補強した接着ブリッジの臨床応用への可能性が明らかになった.

著者

五味 治徳 日歯大・生命歯・補綴2
新谷 明喜 日歯大・生命歯・補綴2
新谷 明喜 日本歯科大学生命歯学部歯科補綴学第2講座
新谷 明一 日本歯科大学生命歯学部歯科補綴学第2講座
水戸部 千春 日本歯科大学生命歯学部歯科補綴学第2講座
五味 治徳 日本歯科大学生命歯学部歯科補綴学第2講座
新谷 明喜 日本歯科大学 生命歯・補綴ii
新谷 明一 日本歯科大学歯学部歯科補綴学第2講座
新谷 明喜 日本歯科大学歯学部
新谷 明喜 日本歯科大学生命歯学部補綴学第二講座
新谷 明喜 日本歯科大学 歯学部 歯科補綴学 第2講座
新谷 明喜 日本歯大 歯 補綴学第二

関連論文

▼もっと見る