各種ファイバーで補強した歯冠用ハイブリッド型レジンの曲げ強さ

元データ 2003-04-25 日本歯科理工学会

概要

本研究は,ファイバー補強した歯冠用ハイプリッド型レジンの曲げ強さを評価した.2種のファイバー(E-グラス,ポリエチレン),2種のボンディング材(モデリングリキッド,DEボンディングリキッド)と3種の長さのファイバー(20,30,40mm)を用いて,ファイバーとボンディング材の組合せおよびファイバー長さが試験片の曲げ強さに及ぼす影響を比較検討した.その結果,ファイバーとボンディング材の組合せにより補強される歯冠用ハイプリッド型レジンの曲げ強さは81.1から540.7MPaに変化した.また,20,30と40mmのグラスファイバー補強した試験片は95.8から415.2MPaに増加した.これらのことから,ファイバー補強の有用性が認められた.

著者

五味 治徳 日歯大・生命歯・補綴2
新谷 明喜 日歯大・生命歯・補綴2
新谷 明喜 日本歯科大学生命歯学部歯科補綴学第2講座
五味 治徳 日本歯科大学生命歯学部歯科補綴学第2講座
新谷 明喜 日本歯科大学 生命歯・補綴ii
半田 功 日本歯科大学歯学部歯科補綴学第2講座
SAILYNOJA Eija 日本歯科大学歯学部歯科補綴学第2講座
新谷 明喜 日本歯科大学 歯学部 歯科補綴学 第2講座
Saeilynoja E 日本歯大 歯 歯科補綴学第2
半田 功 日歯大・歯・補綴2
半田 功 日本歯科大学歯学部歯科補綴学教室第2講座
サイルンオヤ エイヤ 日本歯科大学歯学部歯科補綴学第2講座

関連論文

▼もっと見る