A20 気分を良くする行動と道具の関係解明(家具・木工、材料計画、色彩計画, 第54回研究発表大会)

元データ 2007-06-20 日本デザイン学会

概要

The purpose of this study is to elucidate the factor that a person comes to feel good from the viewpoint of action and tool systematically. At first, by interview investigation, we collected opinions about the action that came to feel good. As the results of statistical analysis, it could be classified that actions to make feelings better in six groups : creation, improvement, nature, exercise, intake and rest.. In addition, we discussed relations between feelings and tools with structural models.

著者

寺内 文雄 千葉大学大学院工学研究科
久保 光徳 千葉大学大学院工学研究科
青木 弘行 千葉大学大学院工学研究科
青木 弘行 千葉大学
寺内 文雄 千葉大学
寺内 文雄 千葉大学工学部
寺内 文雄 千葉大学工学部デザイン工学科
寺内 文雄 千葉大・工
久保 光徳 千葉大学大学院
古沢 克仁 千葉大学大学院
寺内 文雄 千葉大学大学院
青木 弘行 千葉大学大学院

関連論文

▼もっと見る