P33 作業効率と減容性を考慮した包装用エアバッグの提案(第54回研究発表大会)

元データ 2007-06-20

概要

The purpose of this study was to propose packages from viewpoint of usability. At first, it was carried out a current situation survey of buffer materials. As the result of analysis with QT3, it was suggested that the importance of an operating efficiency and its volume reduction at the time of store them. Finally, two types of package with air-bag were proposed. One of them was self-sealing type package, and the other was functional bag to carry fragile items.

著者

寺内 文雄 千葉大学大学院工学研究科
藤井 丈雄 シモジマ
久保 光徳 千葉大学大学院工学研究科
青木 弘行 千葉大学大学院工学研究科
青木 弘行 千葉大学
寺内 文雄 千葉大学
寺内 文雄 千葉大学工学部
寺内 文雄 千葉大学工学部デザイン工学科
寺内 文雄 千葉大・工
久保 光徳 千葉大学大学院
寺内 文雄 千葉大学大学院
青木 弘行 千葉大学大学院

関連論文

▼もっと見る