クラックアレスターの有効性について(第2報)(昭和43年学協会刊行物掲載論文再録集)

元データ 1969-03-15 独立行政法人 海上技術安全研究所

概要

The crack arresting characteristics of butt joint type welded crack arrester was investigated for Class E steel, which has been applied as the crack arrester in all-welded vessels, as well as that in the previous report.The steel quality of Class E steel defined by the specification of ship classification society was evaluated from the viewpoint of crack arrester by using the large size crack arrester test specimens of 1,300mm wide. In addition, the steel quality as the crack arrester for a trially improved steel and an aluminum killed steel quenched and tempered were evaluated, too.Then the design process how to determine the maximum distance between two adjacent arrester plates delivered was provided.Finally, the crack arresting characteristics of stiffener type crack arrester was evaluated experimentally.

著者

池田 一夫 (株)神戸製鋼所構造研究所
木原 博 東京大学工学部
金沢 武 東京大学船舶工学科
金沢 武 東京大学工学部
池田 一夫 運輸省船舶技術研究所船体構造部材料研究室
矢島 浩 三菱重工(株)技術本部長崎研究所
永元 隆一 三菱重工(株)長崎造船所
前中 浩 運輸省船舶技術研究所 船体構造部
金沢 武 東京大学工学部船舶工学科
木原 博 大阪大学溶接工学研究所
池田 一夫 船舶技術研究所船体構造部材料研究室長工博
池田 一夫 運輸省船舶技術研究所船体構造部
木下 勝 三菱重工(株)技術本部長崎研究所
永元 隆一 東海大学
前中 浩 船舶技術研究所船体構造部

関連論文

▼もっと見る