没入形裸眼立体ディスプレイTWISTER Iの設計と試作(3次元映像情報メディア技術)

元データ 2001-05-20 社団法人映像情報メディア学会

概要

TWISTER I (Telexistence Wide-angle Immersive STEReoscope, Model I) is an autostereoscopic display that is designed for a face-to-face tele-communication system called "mutual telexistence." By rotating display units that consist of LED arrays and a barrier around a viewer, TWISTER I can display panoramic stereoscopic images that can be observed without the use of special eyewear. This "glassless" feature is essential for applying this apparatus to mutual telexistence because eye contact is important in non-verbal communication.

著者

國田 豊 日本電信電話(株)NTTサイバースペース研究所
國田 豊 日本電信電話株式会社 サイバースペース研究所
尾川 順子 東京大字大学院工学系研究科
國田 豊 東京大字大学院工学系研究科
佐久間 敦士 東京大字大学院工学系研究科
稲見 昌彦 東京大字大学院工学系研究科
前田 太郎 東京大字大学院情報学環
舘 章 東京大字大学院工学系研究科
稲見 昌彦 慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科

関連論文

▼もっと見る