MRIアンテナの給電位置と眼球におけるSARの関係

元データ 1995-03-27 社団法人電子情報通信学会

概要

磁気共鳴撮影(MRI)装置に用いるアンテナの設計においては、アンテナ内部に挿入される人体の影響を考慮した解析が必要である。著者らは、この目的のために、Richmondモーメント法にインピーダンス法を組み込んだ計算法を提案し、人体モデル挿入時の入力インピーダンス、感度分布の計算値が実験値とよく一致することをしめした。今回は、筋肉、骨、脳等の内部構造を考慮した頭部モデルを挿入したアンテナの給電位置が眼球におけるSARに与える影響を調べた。

著者

澤谷 邦男 東北大学工学部
越智 久晃 (株)日立製作所中央研究所
山本 悦治 (株)日立製作所中央研究所
越智 久晃 日立製作所中央研究所
山本 悦治 日立製作所中央研究所

関連論文

▼もっと見る