サブキャリア変調波を用いた長距離・超低消費電力無線タグ(システムオンシリコン,RFID技術及び一般)

元データ 2007-12-03 社団法人電子情報通信学会

概要

サブキャリア多値位相変調応答波を用いたウェアラブル無線タグを提案し,試作・評価した結果について述べている.長距離化及び超低消費電力化のための技術として,フレキシブルなキャビティ付きスロットアンテナ,スタブ共振昇圧回路,低消費電力かつ誤動作の少ないウェイクアップ動作用のパルス符号化鍵検出回路,及びサブキャリア多値位相変復調回路を導入している.試作したセンサ無線タグは,1秒当たり20回の連続測距センサ無線タグ,1秒当たり350回の連続サンプリングで動作する3軸加速度センサ無線タグ及び心電計センサ無線タグの3種類であり,いずれも厚み3mm程度で柔らかく衣服との一体化が可能である.また,内蔵する3Vボタン電池の連続動作時の消費電流はそれぞれのタグにおいて10μA,633μA及び583μAであり,従来のアクティブ無線タグと比較して消費電力を1/10〜1/100に削減している,さらに,ARIB STD-T81規格で動作し2.45GHz帯3mW/MHzリーダ出力にて35mまでの読取り動作を確認している.

著者

澤谷 邦男 東北大学大学院工学研究科
澤谷 邦男 東北大学工学部
北吉 均 (株)アドバンテスト研究所
北吉 均 仙台地域知的クラスター
北吉 均 東北大学大学院工学研究科
北吉 均 技術コンサルタント

関連論文

▼もっと見る