アレー素子の利得不平衡によるMIMO伝送特性の実験的検討(アダプティブアンテナ,MIMO及び無線信号処理技術,無線通信一般)

元データ 2008-11-12 社団法人電子情報通信学会

概要

近年,高い伝送容量を提供する技術であるMulti-Input Multi-Output (MIMO)通信システムが,シミュレーションや実験により盛んに研究されている.しかしながら,これらの研究の多くが,送受信アンテナとして同じアンテナを使用しているため,各アンテナ素子の利得の違いによる影響が十分検討されていない.そのため,本研究では2×2MIMO通信システムを用い,2素子受信アンテナの利得比または素子間隔の変化が伝送容量に与える影響について,実験により検討を行ったので,その結果を報告する.

著者

澤谷 邦男 東北大学大学院工学研究科
陳 強 東北大学大学院工学研究科電気通信工学専攻
陳 強 東北大学大学院工学研究科
岩木 孝憲 東北大学大学院工学研究科電気・通信工学専攻
柿沼 悠 東北大学大学院工学研究科
澤谷 邦男 東北大学大学院工学研究科電気・通信専攻
陳 強 東北大学工学部

関連論文

▼もっと見る