設計情報ネットワークエディタを用いたドキュメンテーション方式

元データ 1988-09-12 一般社団法人情報処理学会

概要

一般にソフトウェアは、プログラムコードおよび設計ドキュメントからなると考えられているが、それ以外に、詳細化過程やキーワードの定義・参照関係といった、通常はドキュメントに記述されない情報も、ソフトウェアを構成する重要な要素である。ソフトウェアの設計、再利用および改造を効率的に行うには、後者の情報を活用する必要がある。本稿では上記の要求を実現するため、ソフトウェアに関する全ての情報を「設計情報ネットワーク」と呼ぶ形態で管理し、専用のエディタを用いて編集処理を行うドキュメント方式について述べる。

著者

磯田 定宏 Ntt ソフトウェア研究所
山本 修一郎 NTTソフトウェア研究所
磯田 定宏 NTTソフトウェア研究所
斎 直人 NTTソフトウェア研究所

関連論文

▼もっと見る