既存デバッグツールを利用した高速なビジュアルデバッグ方式

元データ 1989-03-15 一般社団法人情報処理学会

概要

ビジュアルデバッグ方式は,プログラムの実行状況をビジュアルに表示することにより,デバッグ作業の効率化を図る方式である.ビジュアルデバッグ方式が大規模プログラムに適用できるためには,高速な実行と大量なデータの図形表示が可能でなければならない.本稿では,この2点の実現方式について論ずる.

著者

磯田 定宏 Ntt ソフトウェア研究所
高橋 健司 Nttソフトウェア研究所
磯田 定宏 NTTソフトウェア研究所
下村 隆夫 Nttソフトウェア研究所
森下 順次 NTTソフトウェア研究所

関連論文

▼もっと見る