病理解剖で診断された先天性トキソプラズマ症胎児死亡

概要

最近,病理解剖で診断された先天性トキソプラズマ症胎児死亡の1例を経験したので,その臨床経過を報告する.患者は28歳の初妊婦である.妊娠15週で胎内死亡と診断された.超音波での胎児計測の結果から在胎期間は14週と推定した.胎内死亡の原因究明のため,剖検,胎盤染色体検査,抗リン脂質抗体検査などを行った.剖検の肉眼所見では,体重50g,体長12cmの女児で胎児,胎盤,臍帯に著変を認めなかった.胎盤染色体検査は46,XXで染色体異常は認められなかった.抗リン脂質抗体検査には著変が認められなかった.病理組織学的検査では,胎盤,心臓,副腎,脳にトキソプラズマ嚢子を認め,先天性トキソプラズマ症による胎内死亡と診断された.妊娠12週のトキソプラズマ抗体 IHA(基準値:160未満)は2560.死産後のトキソプラズマ抗体は10240以上.トキソプラズマIgG EIA(基準値:6未満)は5900.トキソプラズマIgM EIA(基準値:0.8未満)は2.3であった.妊娠時の初感染による胎内死亡と考えられた.感染原因としては,妊娠中に3回苺狩りに行ったことと,焼肉店に1回行ったことが可能性として考えられた.厚生労働省の人口動態統計と日本病理学会の剖検輯報から胎内死亡した先天性トキソプラズマ症児の頻度を計算した.1974年から2007年までの34年間の報告された先天性トキソプラズマ症児は5人である.この期間の死産数は1,982,839であり,剖検数は22,827であるので,年間のトキソプラズマ症の死産児数は,5×(この期間の死産数:1,982,839)÷(この期間の剖検数:22,827)÷34≒13人となる.死産児の剖検率は,22,827÷1,982,839≒0.0115(1.15%)となる.産科医としては,先天性トキソプラズマ症に十分な注意を払うことが必要である.〔産婦の進歩62(3):241-247,2010(平成22年8月)〕

著者

今井 幸弘 神戸市立医療センター中央市民病院病理科
星野 達二 神戸市立医療センター中央市民病院
北村 幸子 神戸市立医療センター中央市民病院
大竹 紀子 神戸市立医療センター中央市民病院
須賀 真美 神戸市立医療センター中央市民病院
岡田 悠子 神戸市立医療センター中央市民病院
宮本 和尚 神戸市立医療センター中央市民病院
西村 淳一 神戸市立医療センター中央市民病院
高岡 亜妃 神戸市立医療センター中央市民病院
今村 裕子 神戸市立医療センター中央市民病院
山田 曜子 神戸市立医療センター中央市民病院
北 正人 神戸市立医療センター中央市民病院
今井 幸弘 神戸市立医療センター中央市民病院臨床病理科
今井 幸弘 神戸市立医療センター中央市民病院 免疫血液内科
大竹 紀子 神戸市立医療センター中央市民病院産婦人科

関連論文

▼もっと見る