積雪地域における木造住宅の耐震診断と耐震補強に関する研究 : 札幌市の2階建木造住宅を対象とした場合

元データ 2008-08-30

概要

Seismic performance of 72 two-story wooden houses build in Sapporo was grasped from seismic diagnosis that considered snow depth on roof. Photos and drawings of the wooden houses for seismic diagnosis were obtained from an outside walls renovation company. Seismic reinforcement for the wooden houses was estimated from evaluation of the seismic diagnosis. The results indicate as follows: for the seismic diagnosis as the snow depth 0m, the evaluations in lots of the wooden houses were more than 1.0. As the snow depth more than 1.0m, the evaluations were small so that the seismic reinforcement is needed. Reinforcement for capital and column base by steel plates was assumed as the seismic reinforcement. To have improvement effect for the wooden houses having poor seismic resistant in the seismic reinforcement was clarified.

著者

高橋 徹 千葉大学大学院工学研究科
苫米地 司 北海道工業大学
千葉 隆弘 北海道工業大学
大橋 好光 武蔵工業大学工学部
植松 武是 北海道立北方建築総合研究所
千葉 隆弘 北海道工業大学建築学科
大橋 好光 武蔵工業大学工学部建築学科
苫米地 司 北海道工業大学建築工学科建築雪氷工学研究室
高橋 徹 千葉大学大学院工学研究科建築・都市科学専攻
大橋 好光 東京都市大学工学部建築学科
植松 武是 北海道立総合研究機構北方建築総合研究所
高橋 徹 千葉大学大学院
大橋 好光 武蔵工業大学建築学科
大橋 好光 武蔵工業大学

関連論文

▼もっと見る