積雪層モデルによる地上積雪荷重の推定

元データ 2001-07-30 社団法人日本建築学会

概要

For useful estimation of ground snow load, the authors have built the snow layer model using data of daily precipitation, daily mean and daily minimum air temperature. Although the catch ratio of solid precipitation is important for estimating the snow load on the ground, the calculation results using the catch ratio proposed by Ohno et al. was not sufficient for some observation points. Therefore the authors proposed the new equation for the catch ratio using daily mean temperature. The results with newly proposed catch ratio was sufficient for every observation points.

著者

高橋 徹 千葉大学大学院工学研究科
高橋 徹 千葉大学工学部
川村 大樹 ティアイエスエンドパートナーズ
倉本 幸治 川崎製鉄(株)
川村 大樹 (株)ティアイエスエンドパートナーズ
高橋 徹 千葉大学工学研究科

関連論文

▼もっと見る